歯の健康週間 | 和歌山市の歯医者|酒井歯科

menu
tel

酒井歯科のブログ

ブログ

歯の健康週間

皆さま、こんにちは

 

和歌山市 酒井歯科 歯科衛生士の松下です

 

 

6月になりそろそろ梅雨の季節ですね

 

 

 

 

6月は歯の健康週間があります

 

6月4日~10日までの1週間です。

 

 

 

学生の皆さまは学校に歯医者さんがきて

 

お口の中を診てもらって

 

虫歯はないか歯肉炎になっていないか等

 

診てもらっていると思います

 

 

酒井歯科にも学校に歯医者さんがきて

 

学校から紙をもらってきたお子様達がいます。

 

子供も大人も虫歯がなく健康な歯で

 

何でも食べられる様に日頃の

 

歯ブラシが凄く大切になります

 

 

歯の健康週間ということで今回は

 

歯ブラシについてお話させていただきます

 

 

今、歯ブラシを選ぼうと思うと

 

売り場には数えきれない程

 

たくさんな歯ブラシがあります。

 

 

 

患者さんに

 

どんな歯ブラシがいいのか分からない

 

と何度か質問をいただいた事があります。

 

 

 

歯ブラシの大きさは

 

自分の上の大きな前歯2本分くらいの

大きさがベストです

 

大きすぎず小さすぎず自分のお口に

 

合った大きさの歯ブラシを選びましょう

 

 

 

次に歯ブラシの毛です。

 

歯ブラシにはかため・ふつう・やわらかめの

 

3種類があります。

 

毛はふつうのを選んでください。

 

 

 

毛の形は真っ直ぐで太さが均一なのを

 

選んでください。

 

歯ブラシの交換時期は1ケ月です。

 

長く使っていると菌が繁殖してきたり

 

毛が傷んで頑張って磨いても

 

歯の汚れがとれなくなります

 

 

 

よく患者さんとお話しをしていると

 

毛先がひらいてきたら交換してます

 

と聞きます。

 

期間で聞くと3ケ月程使っていると

 

よく耳にするのですが…

 

見た目に毛先がひらいていなくても

 

毛の先端が傷んでいたりするので

1ヶ月で交換しましょう

 

 

歯ブラシをする時

 

歯を力いっぱい磨いていませんか?

 

汚れを取るのに力を入れないと

 

取れないと思っている人が

 

多いのですが…

 

実は歯ブラシをする時は

 

力がいりません

 

何故かと言うと

 

力を入れると毛が寝てしまい

 

あたってほしいところにブラシが

 

あたらず汚れが残ってしまいます

 

その他、歯茎が傷ついてしまったり

 

ヒドい場合だと歯が削れてしまいます

 

新しい歯ブラシを降ろして

 

2週間程で毛がひらいてくるような人は

 

力が強いです

 

 

 

今一度、ご自身の歯ブラシの点検を…

 

 

酒井歯科では治療の他に歯ブラシにも

 

力をいれています

 

歯医者に来院された時に私達が

 

歯をきれいにさせていただいても

 

お家で歯をきれいにできるのは

 

患者さん自身なのです

 

毎日、歯医者にきてもらう訳には

 

いかないので…

 

歯医者に来院されない間は

 

患者さん自身に頑張っていただかないと

 

虫歯、歯肉炎、歯周病は

 

なかなか治りません

 

 

 

歯ブラシが難しい

 

なかなか上手に磨けない

 

ここがどうしても磨けないetc…等

 

来院の際お気軽に相談してください

 

一人ひとりに合わせた歯ブラシ指導を

 

させていただきます

 

 

 

 

 

 

さて話は変わって

 

私、松下の成長ぶりを…

 

 

 

 

 

一番初めに書かせていただいた

 

ブログに新人教育ノートがあると

 

お話をさせていただいたのですが

 

この1年で新人教育ノートが2冊目になり

 

2冊目も半分程、埋まってきています

 

 

 

 

 

最近ではノートを見返すと

 

初め分からなかった事

 

できなかった事が

 

こんなにもあって

 

今では出来る様になったんだなあ

 

と一人でしみじみしています

 

 

 

 

 

これがゴールではない

 

まだまだ覚えることがいっぱいで

 

まだまだ知識、技術がいる

 

自分に鞭を打ちながら松下は

 

6月も雨にも負けず頑張ります

この記事をシェアする