インプラントよくある質問 Part II | 和歌山市の歯医者|酒井歯科

menu
tel

酒井歯科のブログ

未分類

インプラントよくある質問 Part II

和歌山市 酒井歯科 歯科衛生士の宮脇です。

まだまだ暑い日が続いていますね。コロナに熱中症 気をつけなければならない事が多いですが、頑張って元気に過ごしましょう👍

さて今回も前回に続いて 「インプラント」についてお話しさせて頂きます。

まず 「インプラント」の構造上の図の様になりますが、まず下のネジの様なものが骨の中に埋める部分(インプラント体)です。1番上のものが(被せ物)そして真ん中の部分が(アバットメント)と呼ばれます。一般的に(アバットメント)はスクリューで(インプラント体)に固定されます。

インプラント治療の流れ

「インプラント埋入の手術」→ 「被せ物の作製と装着」→ 「メインテナンス」

まず インプラントを顎の骨に埋入する手術を受けてもらい インプラント体と骨が結合する為 の一定期間を置き、その後 、型を採ってインプラントの上に被せる被せ物を作り 装着します。装着後のインプラントを良好な状態で長期維持する為に 定期的なメインテナンスは重要です。ご自分の歯でも定期検診は大切なのですから、人口の歯を入れた場合 、より一層重要となります。

以上、第2の永久歯と呼ばれる「インプラント」入れ歯が合わなくてお悩みの方、歯が抜けて食べにくいとお感じの方、少し興味を持って聞いてみては如何でしょうか😊👍

また、インプラントを入れたからと言って レントゲンやMRIが撮れない事はありません。ご安心下さい👌

この記事をシェアする