入れ歯のお手入れ | 和歌山市の歯医者|酒井歯科

menu
tel

酒井歯科のブログ

未分類

入れ歯のお手入れ

和歌山市 酒井歯科の衛生士 宮脇です。

寒暖の差が大きい毎日ですが、一日一日春が近づいているように思います😊

コロナで大変な日々でしたが、少しずつ落ち着いて来ているようですね。でも気を抜かないで 注意して行動するようにしたいものです。

さて今回は【入れ歯のお手入れ】についてお話しさせて頂きますね。

【お手入れの方法】

入れ歯のお手入れの方法には、入れ歯専用ブラシで洗う、入れ歯洗浄剤につけるがあります。

⚫︎ブラシを使う方法

入れ歯用のブラシを使って 入れ歯をきれいに磨いて下さい。そうする事で入れ歯に付いた食べカスや細菌を取り除きます。入れ歯にはぬめりがあり 滑り易い事があるので、手に持って流水の下で洗っていると、誤って落としてします事があります。落とすと割れたり欠けたりする心配があるので、洗面器などに水を張ってその上で洗うようにして下さい。

また 入れ歯用歯磨剤を使う事をお勧めします。水だけでは落としにくい汚れも入れ歯用歯磨剤を使うときれいに取れます。

⚫︎入れ歯洗浄剤につける

夜外して寝られる方は 綺麗に洗ってから、一晩浸けておいて下さい。

夜もつけたままの方は 日中 外しておける時一定時間(入れ歯洗浄剤の説明書どおりの時間)浸けておいて下さい。

入れ歯洗浄剤の発泡作用で入れ歯用ブラシの届かない細かい部分をきれいにしてくれます。

【お手入れの順序】

1、入れ歯をはずす

2、流水で大きな汚れを取り除く

3、入れ歯専用ブラシを使って磨く、出来れば

入れ歯用歯磨剤も使用しましょう

4、外しておける時、入れ歯洗浄剤につける

5、入れ歯洗浄剤から出して流水で洗う

【入れ歯のお手入れで注意する事】

・出来るだけ入れ歯用ブラシで磨く

入れ歯はキズつき易いのです。目には見えませんが 細かいキズが付くと そこに汚れや細菌が繁殖します。

・普通の歯磨き粉は使わない

歯磨き粉には研磨剤が入っている物もあるので、入れ歯をキズつけます。

・ お湯で洗わない

入れ歯は熱に弱いので、お湯は入れ歯を変形させる原因になります。冷たい水が困るときは60度以下のお湯にして下さい。

・漂白剤は使わない

漂白剤は入れ歯を変色させる原因になります。汚れが落ちにくく気になる方は 歯科医院で相談して下さい。

・乾燥させない

乾燥してしまうと 変形する原因になります。外して置いている時は 必ずお水に浸けておいて下さい。

どうですか?おわかりいただけましたか?

正しいお手入れで 入れ歯を大切に使って長持ちさせて下さいね😊👍

お口の清掃も大切です。歯が残っている方は残っている歯のブラッシングを丁寧に、汚れを残さないようにして下さい。

歯の無い方も柔らかい歯ブラシで歯茎の汚れを優しく取ってあげたり、口をゆすぐ事、忘れないように😆 舌も舌ブラシで優しく汚れを取って頂きたいのですが、舌はデリケートなので、あまりゴシゴシと磨いてはいけません。奥から手前に一方通行の磨き方です。

舌の汚れを舐めてきれいにするタブレット〈ブレオEX〉というのもあります。また歯科医院で聞いてみて下さいね😊

この記事をシェアする