7月 2019 | 和歌山市の歯医者|酒井歯科

menu
tel

酒井歯科のブログ

未分類

こんにちは🌷

酒井歯科 歯科助手の 内田です◎

.

今年もあっという間に半年が経ち、早いもので、もう7月。

.

雨の季節になりました☔

.

.

梅雨の時期は気圧や湿度の変化に伴って、体調を崩してしまうこともありますよね。

.

それは実は、歯にも関わりがあるんです!

.

気圧の変化によって、歯の内部、神経に圧がかかり、痛み出してしまうことがあります。

これは、健康な歯ではほとんど起こりません!

むし歯や、治療途中の歯などで起こりやすくなるものなんです。

.

もし、普段は何もないのに雨の日だけ歯が痛む…という方も、お気軽に診察を受けに来てくださいね◎

.

.

また、雨の日が増えると、お子さんが家で遊ぶ日も増え、普段よりお菓子を食べる時間が長くなるかもしれません!

.

お菓子をだらだらと、長時間食べていると、口の中がむし歯のできやすい状態になってしまいます。

.

むし歯になりにくい食べ方 や 虫歯予防に繋がる食べ物の話など、先月更新した酒井歯科新聞にも書いてありますので、ぜひチェックしてみて下さいね!

.

.

未分類

梅雨

こんにちは😊

和歌山市酒井歯科、衛生士の宮脇です。

今年はいつもより梅雨入りが遅かったようですが、やっと近畿も梅雨入りしました☂️

梅雨の季節は湿気が多く じめじめして嫌ですよね。かびや菌が繁殖しやすく お部屋の臭いも気になりますね😅

お口の中にも菌はたくさんあるのですが、お口の中は梅雨など関係なく、唾液の出る量が少ない 寝ている時が一番多く現れます😱なので 朝起きた時が一番菌が多いのです。

今までは 食後の歯磨きと言われていましたが、最近では起きて直ぐの歯磨きも大切だと言われています。出来れば 皆さん朝起きて直ぐに歯磨きをして、それから スッキリしたお口でお食事して下さい👌 食後の歯磨きもして欲しいのですが、食後の歯磨きにはフッ素入りの歯磨剤を使う事をお勧めします👍✨その後の口ゆすぎは一回ぐらいでいいです。フッ素を歯の周りに残すようにすると、歯が強くなり 虫歯になる事をふせぎます。

ジメジメした梅雨の季節も、お口の中はスッキリ気持ちよく過ごしましょう😆👍

6月下旬に蓮の花を見に行って来ました。道成寺の近くにある「北吉田 蓮の郷」と言うところです。蓮は朝 7時くらいから花を開き始め、お昼までには閉じます。そして咲くのは3日くらいだそうです。とても綺麗でした✨

未分類

フロス使ってますか?

こんにちは

和歌山市 酒井歯科の藤崎です

みなさんは、歯磨きの時に“フロス”というものを使っていらっしゃるでしょうか❔

フロスとは歯と歯の間の汚れを取って、虫歯になるのを防ぐための道具です💡

⤴️はホルダーのついたフロス

⤴️は自分で好きな長さに切って使うタイプのフロス

酒井歯科では患者さんにブラッシング指導をする際に、フロスを使っているかどうかをお聞きして、使っていないようならば使い方をお教えさせていただいています😊

先日、1年生のお子さんが始めてフロスの練習をしている場面に遭遇!

鏡を見ながらでは自分の動かしたい方向とは逆に動いてしまうので悪戦苦闘していました💦

ですが、何度も諦めずに挑戦している姿を見て、何ともほっこりした気持ちになりました(#^_^#)

私も、酒井歯科で働き始めてから使うようになり、今では鏡を見なくてもできますが、はじめのうちは鏡は必需品でした😅

初めからすべての歯に上手に通せなくても、前歯など簡単な所は自分で通し、難しい部分は保護者の方がお手伝いしてあげて、“うまく出来ないからやらない!”にはなってしまわないように上手に大人がサポートしてあげたいですね😊