酒井歯科のブログ - 和歌山市の歯医者|酒井歯科

menu
tel

酒井歯科のブログ

未分類

妊娠とむし歯、歯肉炎

和歌山市 酒井歯科の衛生士  宮脇です。  そろそろいや〜な梅雨の季節が近づいて来ました。じめじめとして気分はスッキリしませんが、お口は歯磨きでスッキリピカピカにして頑張りましょう👍                  さて今回は妊娠中むし歯歯肉炎についてお話しさせて頂きます😊  妊娠するとお腹の赤ちゃんにカルシウムを取られるので歯を悪くすると聞かされた事ありますよね。昔の人はそんなふうに考えていたようですが、これは全く違います。  正しくは妊娠するとつわりで歯磨きが辛かったり、一度に食べられないので間食が増えたりして、虫歯菌が喜ぶような変化が起きやすいからです。また妊娠中はホルモンの影響で唾液が減ります。するとお口の中を洗い流す自浄作用や歯の再石灰化作用も弱まります。なのでむし歯になり易くなるのです。でもこれは赤ちゃんのために自然におきる変化ですから仕方ないのですが だからと言って放って置くのではなく歯科検診を受け、プロのサポートを得て大切な歯を守りましょう。

妊娠性歯肉炎って聞いたことありませんか?これは妊婦さんが歯周病になり易いからなんですが、何故かと言うと、子宮やおっぱいを大きくし、胎児が元気に育つようにからだを変化させる女性ホルモン、このホルモンを栄養源とする歯周病菌がいて、女性ホルモンが豊富な妊婦さんの歯茎で増殖し活発に活動してふだん歯茎が腫れたりしなくても歯肉炎になり易くなるのです。      このように妊娠中はお口の中で、トラブルが起き易い環境になるので普段から歯科検診はきちんと受けて置いた方が良いです。

未分類

噛むことの大切さについて

和歌山市 酒井歯科の西本です。

今回は噛むことの大切さについてお話しします。

みなさんはごはんをしっかり噛んで食べていますか?

噛むことには大切な役割がたくさんあります。

①胃腸のはたらきを助ける

食べ物をよく噛みくだき、消化酵素が含まれた唾液と混ぜ合わせて食べることで、胃腸への負担を和らげてはたらきを活発にし、消化を助ける効果が期待できます。

②歯の病気の予防に役立つ

よく噛むことで、唾液の分泌が活発になります。唾液にはお口のなかをきれいにする自浄作用があり、病原菌などが洗浄され歯周病や口臭の予防にも効果的です。

③脳の機能を高める

よく噛むことにより脳が刺激され、血行が良くなるため記憶や学習能力の向上に繋がります。

④肥満の予防に役立つ

よく噛むと満腹中枢が刺激され、食べすぎ防止になります。

食事の際はひと口30回を目安に、意識して噛んでみてくださいね。

1本でも多く健康な歯を残して美味しいごはんを食べるためにも、毎日のブラッシングや定期検診を受けましょう!

未分類

うがいで予防☝

こんにちは

和歌山市 酒井歯科の藤崎です(^-^)

コロナ禍でのゴールデンウィークを皆さんどのようにお過ごしでしょうか?

今年は感染対策をしつつ、旅行に出かけている方も多いようですね

再び感染爆発が起こらないように、お休みも気を抜かず感染対策をしていきたいですね

ここ最近、酒井歯科の患者さまによく見られるのが大人の方の虫歯の増加です😲

お話しを聞くと、甘いもの🍬が好きでよく食べるという方もチラホラ…

そんな方におすすめなのが、フッ素入りの歯磨き粉フッ化物洗口です

フッ化物洗口とは、フッ化物水溶液を用いてブクブクうがいを行い、歯のエナメル質表面にフッ化物を作用させて虫歯を予防する方法です

永久歯の虫歯予防に有効とされるフッ化物洗口は、隣接面や根面への虫歯予防にも効果的です‼️

当院でも、フッ化物洗口用の洗口液やフッ素入りの歯磨き粉を販売していますので、気になる方は遠慮なくお声掛けくださいね😉

未分類

大人虫歯

こんばんは!歯科衛生士の矢野です( ̄▽ ̄)ノ

最近だいぶ日中は暖かくなってきましたね!

朝晩は気温が下がるので寒暖差で体調を崩さないように気をつけましょう(^○^)

今日は大人の虫歯についてお話します!

子供の虫歯は近年減ってきていますが、最近大人の方の虫歯が増えてきているように思います。

特に根面う蝕と呼ばれる虫歯が大人の方は多いように感じます。

根面う蝕とは歯周病や加齢などにより歯茎が下がって露出した歯の根にできる虫歯のことです。

シニア世代の6割以上が根面う蝕になっているという驚きのデータもあります!

歯は主にエナメル質と象牙質、神経からできています。噛むところはエナメル質と象牙質の二層構造。歯の根は象牙質が主です。象牙質は柔らかく、酸への抵抗力もエナメル質に比べて弱いです。そのため歯の根本は虫歯になりやすいのです。

また、歯ブラシで汚れが取りにくい場所で磨き残しが起こりやすい場所になります。虫歯になっていても症状が出にくく気がついた時には虫歯がひどく進行しているなんてことも!!

気になる方は一度検診に来てください(o^^o)

歯科衛生士の私たちがお口の中を隈なくチェックします!

未分類

こんにちは。和歌山県の酒井歯科の前原です。

4月に入り新生活がスタートしましたね!

入学や進級で新しく楽しい生活がこれから始まっていきますね☺️

もう少ししたら学校での歯科検診も行われ、5月に入ると「検診結果の紙をもらってきた~」と受診される方も増えてきます。

初期で虫歯が見つかると、削ったりせずにフッ素を塗ったり、サホライドという虫歯の進行止めのお薬を塗ったりして経過観察していく場合が多いので、学校から紙を貰ってきたら放置せず酒井歯科を受診して下さいね。

もちろん治療な必要な歯があれば尚のこと、急いで受診して下さい。

治療やブラッシング、歯についての大切な事等の指導を行っていきます。

虫歯などは自覚症状があると遅いくらいなので、学校での歯科検診は歯医者に出向く良いきっかけになると思います。

少しでも気になる事があったら、お気軽にお電話でご予約下さい。

未分類

自己紹介☺︎︎︎︎

初めまして!去年の4月から酒井歯科で歯科衛生士として勤務させていただいてます、山本 麻由 (やまもと まゆ)です!

趣味はライブに行くことです!音楽が好きなので毎日音楽を聴きながら通勤してます♩

またコロナが落ち着いたら沢山ライブに行きたいです!

入社2年目でまだまだ至らない点ばかりだと思いますが、皆様に信頼していただけるような歯科衛生士になれるように頑張ります!

よろしくお願い致します。

未分類

受動喫煙

和歌山市 酒井歯科 歯科衛生士の山口です。

4月に入り暖かい日が増えてきましたね!

和歌山城の桜も綺麗に咲いていました!

さて 皆さん! 受動喫煙でむし歯が増えると言うことはご存じでしょうか?

最近の研究でタバコを吸う家庭のお子様にむし歯が多い事がわかってきました。

また、歯周病のリスクが増すと考えられています。

他にも、家族がヘビースモーカーで受動喫煙している子供さんは、歯ぐきに色素沈着があることもあります。

なぜ歯科が禁煙をすすめるのでしょうか?

それは家族に悪影響を与えるだけでなく、ご自身の

•歯周病が悪化しやすい

歯周病が再発しやすい

むし歯になりやすい

インプラントが成功しにくい

などがあります

大切な家族を守るため、禁煙を始めましょう!

禁煙外来で治療も受けれますし、薬局で買える禁煙補助剤などもあります。

・ニコチンパッチ

起床時に貼り、就寝時にはがす。

1日1回貼ることで、日中の安定したニコチンの血中濃度を維持します。

1日中吸いたい気持ちを抑えたい方に。

・ニコチンガム

お口の粘膜からニコチンを吸収するので、吸いたくなった時の対処法が欲しい方に。

普通のガムとは違った咬み方が必要です。

是非この機会に禁煙を始めましょう!

未分類

世界初コーティング材!

こんばんは!歯科衛生士の矢野です。

桜がだいぶ咲いてきましたね( ^ω^ )

今週末が見頃そうなのでお花見に行きたいと思います♪

今日は『ピカッシュ』についてお話します!

『ピカッシュ』は入れ歯やマウスピース、矯正装置、補綴物にナノ銀コーティングを施しニオイやヌメリの細菌を抑制する世界初の技術です!

入れ歯のニオイが気になる、入れ歯がぬるぬるするという方に手間をかけずスッキリと快適な毎日を過ごしてもらうために作られました( ^ω^ )

ニオイやヌメリの原因はお口の中で繁殖した細菌です。すき間に入り込んだ雑菌はいくらお手入れしても全てを除去することは難しいです。市販の洗浄剤で洗浄、消毒しても口に入れて使い始めるとすぐ増え始めます。ピカッシュは入れ歯自体に高い抗菌力を持たせるため洗浄や消毒とは全く違い、細菌を元から断ちます!

入れ歯を15分ほど預からせて頂きコーティングさせてもらいます。毎日のお手入れはブラッシングしながら水洗いだけで大丈夫です!

効果は3ヶ月続きます(*^^*)

入れ歯以外にもマウスピースや矯正装置にも使えます!

気になる方は是非スタッフに聞いて下さい!

未分類

妊婦さんのお口の中

和歌山市 酒井歯科の森口です ⠉̮⃝︎︎

暖かくなって桜が咲いてきましたね 🌸✨

まだまだお花見はできないですが

チラッと見に行きたいですね~ ☺️

妊婦性歯肉炎 というのをご存知ですか?

妊娠中の女性によく見られる歯肉炎です。

原因は 女性ホルモンによる乱れ

によるものです。

女性ホルモンは

・エストロゲン

(妊娠の準備女性らしい身体づくり)

・プロゲステロン

(妊娠の維持)

の2種類がありそれぞれ役割があります。

とくに

エストロゲンの分泌が増加することで

歯周病菌の活動が活発になります。

歯周病が進むと早産や低体重児出産を

引き起こすことがあります。

日々の歯磨きが疎かになってしまうと

歯周病が進行してしまいます。

ですが

妊婦さんは つわりがひどい時期になると

歯ブラシがお口にはいるだけで

気持ち悪くなってしまいますよね😢

食事後に歯磨き!と無理に決めすぎず

自分の体調を見ながら

できる時にブラシしてみてくださいね😌🪥

未分類

酸蝕症について

和歌山市 酒井歯科の西本です。

3月に入って、少しずつ暖かくなり

春が近づいてきましたね🌸

今回は『酸蝕症』についてお話します。

皆さんは酸蝕症(さんしょくしょう)をご存知ですか?

酸蝕症とは、酸による歯の表面のエナメル質が溶かされてしまう病気のことをいいます。

虫歯は虫歯菌が糖を分解するときに出す酸で歯が溶けますが、酸蝕症は細菌との関連がないので、虫歯とは異なります。

酸蝕症を引き起こす原因には、

酸性度の高い飲み物や食べ物を習慣的に摂取するとなる外因性のものと、体内から口の中に酸が出てくることによる内因性のものがあります。

酸蝕症を予防するためには、

◯酸性飲食物をだらだら食べたり

 飲んだりしない

◯酸性の飲食物を口にした後は

 歯磨きしたり水で口をゆすぐ

◯寝る前には酸性の飲食物を控える

などのことが大切になります。

歯を丈夫に保つためには、定期的に歯科検診を受けることも大切です!

気になることがありましたらご相談くださいね。