酒井歯科のブログ | 和歌山市の歯医者|酒井歯科

menu
tel

酒井歯科のブログ

小児の虫歯予防, 未分類

お口ぽかん

❷唾液編

こんにちは!

歯科衛生士のみやざきです(*^^*)

最近暑い日が続いていますね><

マスクをつけていると

熱中症になりやすく、また

気づきにくいらしいので

こまめに水分補給をして気をつけくださいね!

さて、前回に続いて「お口ぽかん」について

お話させていただきます♩

お口ぽかんで口呼吸をしていると

口の中が乾燥してしまい、唾液がうまくまわらずに虫歯や歯周病の原因菌が繁殖し放題になってしまいます。

ここで唾液の働きをまとめました⤵︎

「あるのが当たり前」の唾液。。。

ですが、お口の健康には欠かせない、

たくさんの役割があります٩(^‿^)۶

お口ぽかん「唾液編」でした!

以上、みやざきでした☆

未分類

強いかぶせもの 💪ˎˊ˗

和歌山市 酒井歯科 の 森口です ⍤⃝

コロナが少し落ち着いてきましたが

みなさん体調の方は大丈夫でしょうか 。

暑くなってきたのでマスクでの

熱中症には気をつけてくださいね ( ;ᯅ; )

さて 今回も補綴物のお話です ˎˊ˗

今回は “ジルコニア” についてです 。

(( メリット ))

◯ 強度が高い

◯ 変色がしない

◯ 天然歯のように透明感がある

(( デメリット ))

◯ 自費になるため費用がかかる

/ 左:ジルコニア 右:ハードレジン \

*ハードレジンとは前歯で

 かぶせものをするときに用いる

 保険の被せ物です

/ 裏側 \

歯ぎしり くいしばり を される方は

かなり補綴物にも負担がかかり

割れてしまうことがあります 。。

このジルコニアは強度に優れているため

そういった方にオススメしています (ᵕ༚ᵕ )))

未分類

ワンタフトブラシ

和歌山市 酒井歯科 歯科衛生士の山口です

新型コロナウイルスの緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ油断は出来ません

手洗い うがい マスクの着用を徹底し体調管理もきちんとしていきましょう

酒井歯科では患者様に安心、安全に治療を受けていただけるよう、引き続き万全の感染予防対策をしてまいります

ワンタフトブラシってご存知ですか?

磨きにくい場所にピンポイントでケアができるんです!

お口の状態によってはいくら頑張ってもどうしても磨けない所(歯が出っ張ってる、引っ込んでる、段差があるなど)ができてしまいます

そんなに場所に届きやすいワンタフトブラシのお話をします

ワンタフトとは

タフトとは束の事で、ブラシの毛が一つの束でできているのでワンタフトと言います

こんな場所に使うと便利です

❶ 歯並びが引っ込んでいたり、重なっている所 内側外側に倒れ込んでる所

❷ 奥歯の露出した根

❸ 歯の隙間の大きい所

❹ 歯の高さに段差がある所

❺ 治療後に露出した奥歯の根の分かれ目の所

❻ 矯正装置の周り

など磨きにくい所に届いて汚れを落としてくれます

使い方のポイント

⚫︎鉛筆を持つように少し長目に持って、密着させて揺り動かします

⚫︎鏡を見ながら磨きたい場所に当てるようにします

こんな方にもおすすめです!

・歯ブラシが奥まで入りにくい方(上の歯の一番奥のほっぺた側 舌の圧力で磨きにくい下の奥歯の内側)

・歯ブラシでえずきやすい方

・奥歯のが生え始めた子供さん(歯肉が半分被っている所)

・お母さんの仕上げ磨きにも便利です

歯ブラシで全体を磨いて、ワンタフトブラシで磨き残しを磨いてくださいね

歯間ブラシ デンタルフロスも使って汚れを落としましょう!

未分類

予防の常識・非常識 ①

こんにちは。和歌山市酒井歯科の受付助手の前原です。

今日から6月。時間の流れが早いものですね。

今日は虫歯の疑問について書かせて頂きます。

虫歯になるのは甘い物をたくさん食べているから。

甘い物を控えて居るはずなのに、虫歯になってしまう。と思っている方も多いかもしれません。

それは量より食べ方が問題かもしれません。

飲食後は口の中で、細菌の生み出す酸や飲食物の酸により歯の成分が溶け出して時間をかけて唾液が成分を歯に戻していきます。

溶かす力が戻す力を上回る状態が長く続くと、虫歯になってしまいます。

なので、甘い物の量以上に食べる頻度や時間が問題となります。

甘い物がずっと口の中にあると、唾液が歯を修復する時間が取れません。

なので、飴をずっと舐めていたり、ジュースをチビチビ飲んでいたりすると、虫歯になりやすいのです。

間食の時間をきちんと決める。キシリトール入りの飴を食べるようにする。など対策が大事になっていきますね。

自分で気をつけて出来る事から予防をして行きましょう。

未分類

感染対策

こんにちは。歯科衛生士の矢野です。

今日は当院で行っているコロナ感染対策の一つをご紹介します。

当院では口腔外バキュームという機械を使用しています。

歯を削ったり、歯のお掃除をする際、歯の削りかすや金属片、血液、唾液、細菌など目に見えない細かい粉塵が飛び散っています。

口腔外バキュームとはこれらの粉塵が飛び散らないよう強い力で吸引してくれる機械のことです。

粉塵をそのままにしておくと他の患者さんへの感染のリスクが高まります。口腔外バキュームを使用することで粉塵を吸い取り感染リスクを軽減してくれます!

強い力で吸引するため吸引時の大きな音が患者さんの耳元で響きますが、感染対策のためご協力頂くようお願いしますm(_ _)m

未分類

白い歯で素敵な笑顔に 🦷 ˒˒

和歌山市 酒井歯科 の 森口です ❁

今回も 補綴物についてです ⠉̮⃝︎︎

E-MAX ” という自費の補綴物です ⸝⋆

ご紹介するものは

(( 材料 ))

◯ セラミック(ニケイ酸リチウムガラス)

(( メリット ))

◯ 天然歯に近い透明感あり審美性に優れてる

◯ 経年的な変色がしにくい

(( デメリット ))

◯ 自費になるので費用がかかる

/ E-MAX \
/ 内面 \

下の歯などお口を開けて見える部位だと

小さな銀歯でも目立って見えてきます。。

きれいな白い歯で

素敵な笑顔をつくっていきたい !

そんな方におすすめです ( ˘ ˘⸝⸝⸝

未分類

喫煙と歯周病

和歌山市酒井歯科 歯科衛生士の宮脇です。

こんにちは😊 コロナ なかなか収まりませんね。外出自粛し手洗いうがいを完璧に、マスク着用で乗り切りましょう👍

今回は喫煙と歯周病についてお話しさせて頂きます。

タバコを吸う人は吸わない人に比べると3倍歯周病にかかりやすく、2倍も多く歯を失っています。また喫煙本数と比例して歯周病が重症化すると言われています。

タバコが歯周病を悪化させる原因は

・歯周病菌と戦う白血球の機能が低下

・ニコチンにより歯肉に酸素や栄養を運ぶ血

管が収縮してしまう

・歯肉を修復するために必要な線維芽細胞の

働きを抑制する

・歯周ポケットの酸素が不足し酸素を嫌う歯

周病菌が繁殖しやすい環境を作る

その他歯周病以外にもヤニで歯が汚れるだけでなく メラニンが沈着して歯肉が黒くなりゴツゴツした歯肉になります。

また舌の表面の細かい突起部分に歯垢と同じ細菌のかたまりである舌苔にヤニが沈着し、ひどい口臭を発します😫また味覚も鈍麻させてしまいます。タバコをやめると食べ物が美味しく感じるのはこのせいです。

喫煙の歯周病への影響、わかって貰えましたか? 出来るだけ禁煙するようにして下さいね😊👍

ところで最近 電子タバコやアイコスに変えたとおっしゃる方がいらっしゃいますが、アイコスにはニコチンが含まれています。ですから全く歯周病に影響しないとは言えません。電子タバコには含まれていないそうです。

普通のタバコから電子タバコに変えると急に歯茎が悪くなったと言われる方もいらっしゃいますが、それは今まで悪かった歯茎の症状が出てきたと言うことです。

やはり歯科検診は行なって下さい😊 健康で長生きするためにもお口の健康は大切です👍

早く 安心して生活できる環境になりますように🎏

小児の虫歯予防

お口ぽかん

~口呼吸編~

歯科衛生士のみやざきです*^^*

突然ですが、今日は、、、、

4月29日

、、、、歯(4)肉(29)の日ですね!(歯肉=歯グキ)

今回お話するのはお口ぽかんについてです。

(前説関係なくてすみません。)

それでは気を取り直して、、、

皆さん「お口ぽかん」と言う言葉を聞いたことありますか?(`・ω・´)

前回の勉強会で話題に出たので調べてみました!

お口ぽかんというのは

いつもお口が開いている状態の事を言います。

今日はお口ぽかんで口呼吸をしていると、お口の中がどうなるのか、お話していこうと思います。

口呼吸は口の中が乾いてしまう原因となり、

菌が繁殖しやすくなるため、虫歯にもなりやすく

鼻呼吸では鼻がフィルターがわりになり

ウィルスの侵入を防いでくれますが、

口呼吸はウィルスが体内に入りやすくなります。

そのため、風邪などの病気になりやすくなります。

また口呼吸は癖になり、呼吸がしやすいよう舌を本来の位置から動かしていると歯並びが悪くなることもあります。

他にも口呼吸による兆候を画像でまとめてみました⤵︎

さまざまなトラブルを引き起こすお口ぽかん。。。

近年ではお口ぽかんと開いているお子さんが増えているそうです。。。

また次はお口ぽかんと唾液、お口のトラブルについてブログを更新したいと思います(^^)★

以上 宮崎でした

未分類

新型コロナウイルス等の感染予防・拡散対策 ②

こんにちは。和歌山市酒井歯科 助手の前原です。

今回は前回に続き、医院での感染予防への取り組みについて載せさて頂きます。

①マスクの着用

現在、マスクの入手が困難な状況にはなっていますが、待合室ではなるべくマスクの着用をお願い致します。

当院でもマスクが不足しているため、配布することはできませんが、ご協力の程宜しくお願い致します。

②手指消毒のお願い

当院では、入り口付近にアルコール、待合室の洗面台にはハンドソープ&アルコールを設置しております。

来院された際にはまずは手洗いをして頂いております。

また、診療室に入った際にはまず薬用うがい薬でうがいをして頂くようにしておりますので、2点の御協力を宜しくお願い致します。

③咳エチケット

咳やくしゃみによる感染を防ぐため、咳やくしゃみをする際は、ティッシュやハンカチで口・鼻を覆う、上着の袖などで覆うよう、御協力下さい。

手で覆ってしまうと、その手で触ったものにウイルスが付着する恐れがあるため、お控えください。

④スタッフがマスクを着用してお話ししています。

院内感染防止のため、診療室内のスタッフだけでなく、受付スタッフにつきましてもマスクと手袋の着用をさせて頂いております。

ご理解の程よろしくお願い致します。

未分類, 院内新聞

院内新聞📰

こんばんは

和歌山市 酒井歯科の藤崎です

酒井歯科の待合室では大型モニターや掲示物を通して患者様に様々な情報をお知らせしています

その中の一つに“酒井歯科新聞”という院内新聞があり、この4月に内容を新しくしたものを掲示させていただいていますm(_ _)m

今回は4月に入社した新人さんの自己紹介や、今猛威をふるっているコロナ予防のための手洗い・うがいの方法など記載していますので、ぜひご一読ください👀