小児の虫歯予防 | 和歌山市の歯医者|酒井歯科

menu
tel

酒井歯科のブログ

小児の虫歯予防

小児の虫歯予防

こんばんは、和歌山市にある酒井歯科、歯科衛生士の山口です。
今日はお子様の歯が虫歯にならないようにするシーラントという予防の充填のお話をしたいと思います。

シーラントとは、歯の咬む面にある細かい溝にフッ素徐放性ポリマーを流し込み、光をあて固めて虫歯を予防する充填を言います。
6歳頃なると6歳臼歯といって乳歯の後ろに大きな永久歯が生えてきます。

この歯は咬むのに中心となり一生使わなくてはいけない、とても大事な歯です。

この歯には複雑な細かい溝がたくさんあるので、生えたらすぐきれいに掃除し溝をふさいで咬む面からの虫歯を予防します。
生えたての歯はやわらかくて、子供さんはまだまだ自分ひとりでは上手に歯を磨くことはできないので、生えてる途中で虫歯になってしまうことも少なくありません。

ですから、虫歯になりやすい溝をふさいで汚れを入らないようし、お母さん、お父さんの仕上げ磨きできれいに汚れをとってあげてほしいのです。
シーラントをつけたからといって歯をきれいに磨かないと他のところから虫歯になってしまいます。

特に歯と歯の間はデンタルフロス(糸ようじ)を使って汚れを取ってあげてください。
最近の若いお母様方は子供さんの虫歯予防について熱心な方が増えています。

幼稚園の検診に行っても乳歯にシーラントをつけている子供さんも多いです。

乳歯の前歯は6歳頃から生え変わりますが、一番奥の乳歯は12歳頃まで使うので、奥の溝のある2本につけているのです。
お子様の歯は大丈夫ですか

一度、寝る前の仕上げ磨きの時子供さんのお口の中をよーく見てくださいね。

わからないことがあれば何でもスタッフに聞いて下さい。

この記事をシェアする