誤嚥性肺炎を予防するために | 和歌山市の歯医者|酒井歯科

menu
tel

酒井歯科のブログ

未分類

誤嚥性肺炎を予防するために

和歌山市 酒井歯科の西本です。

暑い日が続いていますね。

皆さん熱中症には気をつけましょう😌

今日は、ご高齢の方に多い誤嚥性肺炎とお口のケアについてお話しします。

誤嚥性肺炎とは、食物と一緒に口の中の細菌を誤嚥したことによって起こる肺炎のことです。

誤嚥そのもので肺炎になるわけではありませんが、誤嚥性肺炎を防ぐためにも、お口の中をいつも清潔に保つことが大切です!

そこで、ケアの方法をご紹介します🪥

◯ブラッシング法

 歯ブラシで歯垢をこすり落とし、歯茎マッサージを行います。

◯洗口法

 消毒薬を口に含んで洗浄します。ブラッシング後に洗口すると、さらに効果が期待できます。

◯清拭法

 消毒薬を浸したスポンジブラシなどで、食物の残りを取り除きながら口の中全体の汚れを拭き取ります。

洗口法は、水で口をすすぐことのできる方に限られます。口の中に水を保持できないために誤嚥の危険をともなう場合は、清拭法を用いるのがよいでしょう。

また、入れ歯は口から外して歯ブラシや入れ歯用ブラシなどでくまなくしっかりこすり洗いをしましょう!さらに入れ歯用歯磨剤や洗浄剤を使うことをお勧めします。当院でも入れ歯用の歯磨剤や洗浄剤を販売していますので、気になる方は是非使ってみて下さい😊

この記事をシェアする